非モテな俺が友人に女を紹介してもらう

数年勤めてた会社辞めた。

もう三次元なんか信用しない。

男も女も糞だ。

人間なんか信用するだけ無駄だな。

腹の虫がおさまらないから、抜いてスッキリした所でぶちまける。

大学卒業後に入社した会社。

第一希望の企業だった事もあり、入社当初はかなり張り切ってたと思う。

仕事の面だけじゃなくて、色々な。

就職活動が終ったとほぼ同時に実家で色々あったせいで、学生時代遊ぶ時期もほとんどなかったから。

入社してすぐ、先輩に誘われ、生まれて初めて合コンとかいうのに参加した。

まぁキモメンの俺だからな。結局フラグのフの字も立たずに、人生初の合コンは終了したけど。

学生時代からの唯一の友人も、同じ会社の同じ部署に所属だった。

友人と俺は童貞同士、学生時代同様仲良くしてて。

職場の先輩とも友人以外の同期ともそこそこ上手くいってて。人間関係はそこそこ充実した日々を送ってた。

「あとは彼女が出来ればいいよな」

友人が言う通り。あとは彼女さえ出来れば完璧なリア充だった訳だ。

入社して数ヶ月もしない内に、友人に好きな子が出来た。

Add friend