小2女子を刺した女「息子が骨折させられ、怒りを募らせていた」

※画像はイメージです。

奈良県生駒市で昨年12月、息子の同級生だった当時小学2年の女児(8)を包丁で刺したとして、殺人未遂罪に問われた無職の女(42)の裁判員裁判の初公判が20日、奈良地裁(西川篤志裁判長)で開かれた。

そのなかで、女は殺意を否認した。

冒頭陳述で、検察側は「小学1年の時、女児の縄跳びの持ち手が息子の左手に当たって骨折して以来、被告は女児への怒りを募らせていた。女児の体には23か所の傷があった」と指摘。

弁護側は「すぐに自ら119番しており、傷害罪が妥当だ」と主張。
起訴状では、被告は昨年12月7日午後、生駒市鹿ノ台南にあった当時の自宅で、女児の左胸などを出刃包丁(刃渡りおよそ16センチ)で複数回突き刺し、殺害を図ったとしている。

北海道・旭川の介護施設職員、93歳女性の頭を蹴って逮捕!くも膜下出血の重傷

Add friend