8歳の長男を殴り死なせた父親を逮捕

※画像はイメージです。

奈良県で、8歳の長男に暴行を加えて死なせたとして、奈良県警は19日、歯科技工士の父親(36)を傷害致死容疑で逮捕した。

父親は、「頭を殴りつけたことに間違いありません」などと容疑を認めているという。

生駒署によると、父親は今月17日ごろ、自宅で小学3年の長男(8)の左側頭部を素手で殴るなどし、死なせた疑いがある。
司法解剖の結果、長男の死因は左硬膜外血腫で、死亡推定時刻は18日の午前4時だった。

父親は18日の午前6時40分ごろ、「子どもが息をしていない。意識がない」と自ら119番通報していた。
一家は父親と妻、長男の3人暮らしだった。

 

仙台・交番で警官を刺殺容疑の大学生 「人当たりのいい子だった」と近所の住人も驚き

Add friend