鍋料理の中にネズミの死骸!食べてしまった妊婦に…

中国にあるしゃぶしゃぶ店の鍋料理の中から、ネズミの死骸が出てくるというあってはならないことが起きた。

それを妊婦の客が食べてしまったのだが、店側は「お金を渡すから、心配なら中絶すればいい」と信じられないような言葉を吐いたという。

1998年に北京に1号店がオープンして以来、中国国内に759店舗を展開する「呷哺呷哺(しゃぶしゃぶ)」は、気軽に入れる火鍋レストランとしてカップルだけでなく一人旅の観光客などにも人気だ。その中の1店舗で鍋の中からネズミの死骸が見つかり、大騒動になっている。

今月6日、山東省イ坊市にある呷哺呷哺で食事をしていた夫婦の鍋から、死んだネズミが見つかった。死骸は箸でつかめるほどの大きさだったが、夫婦は鍋に具を入れてすでに食事を始めており、店のスタッフに不満をぶちまけた。

夫のMa氏は妻が妊娠していることを店のスタッフに伝えると、店側は夫婦に5,000元(約81,000円)を支払うことを申し出た。これに対しMa氏は、「病院を訪ねて赤ちゃんに問題がないことを確認し、全ての支払いが済んでから金額の交渉を行いたい」と訴え、この申し出を断った。

Add friend