俺:29歳、会社員、バツ1 彼女A:26歳、会社員 Aの上司B:37歳、妻帯者

Aからのアプローチで付き合いだした俺とA。

最初離婚の傷もあって深い関係は無かったが、

Aは優しく変な言い方だが信頼できると思ってやった。

そして数ヵ月は年下の癖に包容力があって、

健気なAと戸惑いながらも幸せだった。

離婚の理由を聞かれた事はあったけど、はぐらかしたままだったが

「過去の事は気にしないよ。今のあなたが好きだよ」と言ってくれた。

こんないい子にはその内はっきりと言わなくちゃいけないな、

と思ってたが踏ん切りがつかなかった。

ところが数ヵ月後Aが妊娠してしまったという。

「大好きなあなたの子を産みたいです」と結婚を迫られたが

俺のバツ1の原因は俺の不妊。

子供好きの元妻は不妊治療で俺の結果を知ってから

ノイローゼの様になってしまった。

そりゃそうですよ、

自分は何の問題もない健康体で、しかも子供を熱望してましたから。

元妻もまだ若いのでやり直して欲しくて泣く泣く離婚した。

Aと付き合いだしたのは、

丁度元妻から彼氏が出来た、というメールが来た時だった。

祝福して、「今度こそは幸せなママになってくれな。もうメールとかしない方が良いぞ」

とメールした後、それこそ立ち上がれないほど痛飲して

泣いて泣いて有給使い切った位。

元妻を忘れ、自分の傷を癒すためにAと付き合ったのか、

と言われたら反論できないけどさ…

もう俺は混乱して、「もしかしたら医者の診断ミスか」と思って違う病院に行った。

でもやっぱり子供は望めないと。

もう一回だけ、と違う病院に行ったが結果は同じだった。

↓↓次のページに続く↓↓

帰る道すがら足と体がフワフワになった様な、

前がよく見えないような感じだった。

正直俺の体を憎みましたよ。

健康でさえ居ればこんな思いしなくて済んだんだって。

しばらく連絡をせず、向こうからの連絡も取らずに居たら家に来た。

「子供だけは…」と中絶の罪を語る、

純真でまっすぐ、だと思ってた目を見てたら吐きそうな程の嫌悪感が来た。

俺自身が子供の事で一度人生が狂ってるから余計に。

ダシにするなよ、と。

Aのカバンひっくり返して携帯と手帳を強奪しトイレにこもって鍵をかけた。

狂った様にガンガンドアを叩いて叫ぶ声を無視して

じっくりと中を見たらデスクトップこそ俺とAだが、

着信、メール、写真など上司Bとのラリメールのみだった。

俺とのメールはさっさと消したらしいな。

衝撃的なメールの内容は、次のページにてご覧ください。

↓次は友達追加してね♪↓

Add friend