大学1年のバイト帰り

最初にちょっとした俺の詳細、当時20歳、すこし細かく言うと大学一浪して四月生まれだった俺は入学直後に成人した大学一年生。

顔はよくはないがそれほど絶望的ではないと思いたい。

コミュ力も低くはないはずの、まあ多分高校ならクラスに一人、大学だったら大勢いそうな一学生といえば想像しやすいかも知れない。

当時は地元の隣県の国立大学に入学して二か月弱だった。

高校のころは一人暮らしにあこがれを抱いていて、その大変さを過ごしてから気づいて、自分の無能さに気づいて、ようやく生活リズムが出来上がったころにバイトを始めた。

仕送りも一応してもらっていたが俺の周りの奴らは結構苦学生が多くて、「俺も何かするべきなんじゃないか」なんて考えたり、恋人もいない、他学部と比べると暇である、といういくつかの要因も重なってバイトを始めた。

今の日本何て地方はどこも人が少ない。夜の九時過ぎにもなれば飲み屋街以外は人影もまばらだ。

日付は確か六月の中旬ぐらいだったと思う。その日は綺麗な三日月が浮かんでいたのを覚えている。

バイト終わりの俺はそんな夜道を歩いていた。そんななかで公園の近くを通ると控えめなギターの音色が聞こえた。

今考えても不思議な話で、言い方は悪いが気まぐれみたいなものでギターの音色にフラフラ誘われて音源に近づいていった。

Add friend