SMAP独立騒動の裏切りで今やすっかり悪者になった木村拓哉ですが、ここにきて両親との関係悪化がクローズアップ。元彼女より工藤静香を選んだキムタクの現在とは?

週刊女性が現在の木村拓哉(キムタク) の実家事情を暴露と彼女の影

ジャニーズに対してタブーのない数少ないメディアである週刊女性は、2017年3月、木村拓哉の家族が20年間暮らした木村の実家が売りに出されていることを報じました。その内容はかなりショッキングなものになっており、木村家が事実上の離散状態にあると書きたてています。

runrun11.13さん(@takutaku.r)がシェアした投稿

「キムタクの両親はもう長いこと別居生活を送っています。母のまさ子さんは都内マンションに居を移し、そこから食育の講演で全国各地を回るなど精力的な活動を続けています。そして父の秀夫さんも別の戸建てに移り住み、盆栽などを扱う和風カフェをオープンさせています」(「週刊女性」に掲載された写真誌カメラマンのコメント)

長男の木村拓哉は両親とほとんど顔をあわせることがなくなってしまっているそうで、ほとんど絶縁に近い状態だと言われています。木村拓哉と両親の不仲は以前から噂になっていたそうで、実の父である秀夫さんが「フライデー」(講談社)の取材に応じ、

@takuya_smapがシェアした投稿

彼に落ちるところまで落ちて欲しい。そしてもう一回、ドン底から這い上がってきたら本物だよ」「42歳にもなって、いつまでもキムタクのままではいられないだろうから。俺は飽きた(笑)

とかなり厳しい意見を口にしていたそうです。これまで、木村家が”一家離散””親子絶縁”状態になってしまった1番の原因は、母親がスピリチュアルにハマったためという見方が根強かったのですが、本当は工藤静香の存在が原因なのでは?と言われ始めているのです。

次のページは

工藤静香の存在、木村拓哉(キムタク) の現在と彼女の関係とは

Add friend