渡辺謙、離婚後早々に”再々婚”か?

自身の不倫がきっかけで離婚した、俳優の渡辺謙。

だが、離婚したばかりだというのに、その不倫相手と再々婚するとの噂が浮上し…。

現在、イギリス・ロンドンで公演中のミュージカル『王様と私』に出演する俳優・渡辺謙に、再々婚話が浮上していると報じられた。一部報道で渡辺は、21歳年下の元不倫相手と公演終了後にアメリカ・ニューヨークで挙式すると言われている。

渡辺は、2017年7月に謝罪会見を開き「(不倫相手との)関係は解消した」と説明していたが、今回、ロンドン公演を鑑賞する元不倫相手の姿も目撃されたという。

渡辺は1983年に元モデルと結婚したが、03年に離婚裁判が始まったとされている。のちに妻となった女優・南果歩との出会いは、同年に放送されたドラマ『異端の夏』(テレビ東京系)での共演がきっかけだった。しかしその頃、前妻との離婚裁判の真っただ中だった渡辺は、浮気相手として女優を含む9人もの女性が実名で公表されるなど、裁判は泥沼化していた。やがて、2年に及ぶ調停の末、05年3月に離婚が成立した。

2人の交際はマスコミもノーマークだった。2005年12月にAP通信配信の写真で渡辺が映画『SAYURI』のニューヨークプレミアに同伴した“未確認ゲスト”の女性が南と判明すると同時に、2人の結婚が公表されたのだ。

また、渡辺は南の連れ子と養子縁組し、3人で新婚生活のスタートを切った。渡辺の離婚から8ヶ月ほどで南と再婚したことになるが、離婚成立前から交際を始めていたとも言われ、『事実上の略奪婚』と報じられた経緯もある。

2016年に渡辺に胃がん、南に乳がんがそれぞれ発覚した際も、互いに支え合いながら闘病生活を乗り越えた。そして、同年6月には結婚10周年を記念するパーティーを開催し、芸能界きっての“おしどり夫婦”として知られるようになった。

Add friend